*

ペットとして飼う猫の虚勢手術について

子犬をお家で迎えた際に飼い主として考えなくてはいけない事のうちのひとつが虚勢手術についてだと思います。 飼い主それぞれの考えもあり、あえて虚勢手術をしないお家もあるとは思います。 しかし妊娠出産を望まないのであれば 雄犬も雌猫も一般的には生後半年前後で手術をオススメする獣医師さんは多いようです。

では何故その期間が猫の虚勢手術にとって 理想的なのかと言うと 犬は生後6カ月から10カ月頃に初めての発情期がやってくることが一般的だといわれています。 産まれた季節などによっても誤差はあるようですが一般的にはこの期間で発情期を迎えるようです。安心犬活 お試し

発情期を迎えると犬は落ち着きがなくなります。 メス犬は凄く大きな声で鳴くようになります。 オス犬も大きな声で鳴くようになったり家中に尿スプレーをするようにもなります。 また尿スプレー行為はメスも行います。 この尿スプレーは場所を選ばず色んな場所で行われる為、飼い主にとってもかなりの負担になります。 その他にも普段はしないトイレ以外の場所でおしっこをしてしまったりもします。

この発情期の行動は本能的なものなので人間にはとめることが出来ません。

犬にとっても飼い主にとってもこのような発情期の症状は妊娠出産を望まない限りストレスになると言われています。

そのような事からペットとしてお家で飼う猫には 虚勢手術を勧められる事が多いのだと思います。 人間と猫にとってお互いがストレスのない生活を過ごしていく為にも虚勢手術は大切なひとつの手段かもしれません。